上ノ郷城 所在地 愛知県蒲郡市
JR蒲郡駅北2.1km
区分 平山城
最終訪問日 2015/5/23
上ノ郷城縄張図 鵜殿氏の居城。三河物語では西之郡之城とあり、城主の名から鵜殿城とも呼ぶ。
 鵜殿氏は、源平の頃の熊野別当湛増の裔と称し、その祖は中古三十六歌仙のひとりで光源氏のモデルのひとりとの説もある藤原実方に連なるとされるが、熊野別当家の系譜自体が不確かで、藤原氏との繋がりもあくまで伝説上の話である。このほかでは、熊野七人衆のひとりで秦姓である常香を祖とする説もあるが、いずれにしても熊野の出身というのは間違い無さそうだ。ちなみに、鵜殿氏の本貫たる熊野地方には、かつては日本一小さい村として、鵜殿村が存在していた。
 熊野と蒲郡の繋がりは、やはり源平合戦の頃からで、蒲形荘や竹谷荘が三河守であった藤原俊成によって開発され、熊野山に寄進された事に始まる。また、頼朝の時代に湛増の子が西ノ郡を拝領したとされるが、これは荘園支配の現状追認であったのだろう。このような繋がりから、遠隔地の現地管理人として、熊野から赴任したのが鵜殿氏の先祖であったのは想像に難くない。ちなみに、蒲郡の地名は、蒲形と西ノ郡両村の合併により合成された名前である。
 鵜殿氏がいつ頃から国人として力を持ち、この城を築いたのかは不明だが、南北朝時代にはすでに南朝方として名が見え、15世紀後半の長善の頃には相応に力を持っていたようだ。長善の子の時に長将の上ノ郷家と長存の下ノ郷家、長景の不相家に分かれ、この城に在った上ノ郷家は惣領の立場にあった。ちなみに、下ノ郷家の蒲形城は蒲郡高校近辺に在り、今でも西廓公民館や長存寺といった関連のある名前を確認することができる。
土塁上の城址碑 上ノ郷家は、この長将の頃に今川家に属したようで、子長持は今川義元の妹を室に迎えており、三河支配を目論む義元の与党として厚遇されたようだ。永禄3年(1560)の桶狭間の合戦の際には、長持が存命していたかどうかには議論があるが、長持もしくは子長照が大高城代として織田方に包囲されていることが見え、若き日の家康である松平元康の兵糧運び入れを受けている。だが、今川軍本隊が信長によって急襲され、義元が討たれると、鵜殿勢は松平勢よりも先に三河へと戻った。
 翌年になって家康が今川家から独立を図ると、その攻勢や調略を受けた三河の国人が従属していくが、鵜殿氏は今川家の姻戚として踏みとどまり、庶家である下ノ郷家や不相家が家康に従った後も今川家臣の立場を貫いている。この為、翌同5年(1562)に上ノ郷城は徳川軍の攻撃を受け、1度は退けたものの、2度目の本軍の攻撃で落城した。この時、家康は攻略に手こずり、甲賀者を城内に忍び込ませて火を放ち、その隙に攻撃を仕掛けたという。これにより、長持と長照が討たれたほか、長照の子である氏長と氏次は捕らえられ、今川方に人質として在った家康の正室築山殿や嫡男信康との交換要員となった。
 戦後、家康は生母於大の再婚相手である久松俊勝に城を与え、俊勝は於大との子である松平康元を城主としている。俊勝は、義兄である水野信元誅殺を見てその無残さに怒って遁世したが、康元は家康の関東入部まで上ノ郷城主を務め、関東入部後は大名となった。だが、これに伴い、主の居なくなった城は廃城になったという。
上ノ郷城本丸 城は、東三河と西三河を分かつ山塊から伸びる丘陵部に位置しており、東の今川家から見た場合、西三河に打ち込んだ楔の役目を果たした。鵜殿氏の厚遇は、この地勢的理由が大きかったのだろう。だが、その重要性の割に城自体はシンプルで、遺構からは中世的な雰囲気が強く感じられる。主郭は、2段構成且つ比較的大きな楕円形の本丸を最高部に置き、小さな腰郭を挟んで東南側に2段の郭を配置し、南側は空堀と土塁を廻らせていた。ただ、この本丸直下の空堀は本丸の大きさに比してかなりの幅があり、大きな土塁に囲われた郭だった可能性も考えられるだろうか。その南は、現在は遺構が残っていないが、堀跡といわれる熊ヶ池や西の沼池跡を結ぶラインが主郭部の線と考えると、方形の第2郭が浮かび上がってくる。恐らくは、本丸とこの郭の大きく2つの部分に分けられる構造で、これにそれぞれ小郭が付随する城だったのだろう。そして、西から北西にかけては、思ったより大きく存在する高低差で守り、北から東南に掛けては、人工的に変流させたと見られる落合川が水堀の役目を負っていた。
 城跡周辺は、農村部特有のかなり狭い道で、車で行く場合は注意が必要だろう。ただ、駐車場は赤日子神社の所に確保されている。城へ向かうと、まず形が非常に良く残された土塁が目に入り、その上に城址碑があった。土塁を過ぎて空堀に沿って歩き、腰郭と本丸大手の小さな石垣を過ぎると、最高部である本丸へと出る。本丸は、下から見て想像していたよりも広く、また、三河湾の眺望が開けており、訪れた時は曇天ながらも心地よい景色だった。この眺めからは、南の街道筋を監視するのが容易だったことがよく解り、麓の下ノ郷城、臨海部の不相城と南北に3つ並んだ鵜殿一族の城は、よく考えられて配置されていたのだと実感することができる。