今川館 所在地 愛知県西尾市
西尾市役所南東900m西尾中学校南すぐ
区分 平城・居館
最終訪問日 2015/5/24
今川館跡の比定地に立つ発祥地碑 駿河で戦国大名となった今川氏の発祥地。
 今川氏は、西条吉良氏の初代となった長氏の次男国氏を祖とする。吉良荘の内、西条を領した長氏は、今川に隠居したとも上町の竹崎に隠居したともいわれ、次男国氏に装束料として父義氏から譲り受けていた今川荘を相続させた。国氏は、荘名を取って今川を称し、ここに足利一族中でも名門とされる今川氏が誕生する。しかしながら、後世、足利氏が将軍だった室町時代に、御所が絶えなば吉良が継ぎ、吉良が絶えなば今川が継ぐとまで言われた今川氏ではあったが、この発祥当初の頃は小領主に過ぎなかったようだ。それでも、源義家から相伝された宝剣を兄満氏と共にを受け継いだという伝承なども伝えられており、名流らしい逸話が残っている。
 国氏の跡は嫡男基氏が継ぐが、基氏は弘安8年(1285)の霜月騒動で功を挙げたといわれ、当時の鎌倉将軍であった惟康親王から遠江国引馬荘を与えられて移住したという。これにより、今川氏は遠江国に足掛かりを得ることとなった。基氏の子らは尊氏の挙兵以来、これに付き従い、参戦した4人の内3人までが建武2年(1335)の中先代の乱などで討死するが、北条得宗家の高時の長子邦時を討つなどの功があり、討死した長男頼国の子である頼貞が丹後や但馬、因幡の守護を歴任したほか、五男範国が遠江、次いで駿河の守護となっている。そして、範国以降、徐々に拠点を東へと移し、範国の曾孫範政に至って遂に駿府に定着した。
九州探題を務めた今川了俊貞世の墓 今川館は、往時の矢作川の流路である矢作古川のすぐ西にあり、西条吉良氏の拠点であった西尾城と東条吉良氏の拠点であった東条城の中間付近にある。往時は、矢作川から水を引いた美田の荘園だったのだろう。今川館とされる場所は、西尾中学校の南の向かいにあり、フェンスに囲まれ、今川氏発跡地の碑が建っていた。その囲いの内側に足を踏み入れると、今川氏と今川館に関する概略が刻まれた碑に加え、範国の次男で九州探題を務めた今川了俊貞世の墓も建立されており、小さいながらさすがに古跡という雰囲気がある。ただ、館跡と言っても、あくまで伝今川館であり、館を示す遺構の類は何も無い。従って、現地ではこれらの碑や墓を眺めつつ、往時を偲ぶのみである。訪れる時の注意点としては、館跡の周囲はほとんど農道程度の広さしかない為、車の駐車が困難なことだろうか。少し離れた所に県道があり、店舗もあるので、ある程度駐車する目星を付けて訪れたほうが無難である。